沖縄県今帰仁村の農業生産法人株式会社今帰仁ざまみファームでは今帰仁クワンソウの栽培・収穫・一次加工・販売、クワンソウ関連商品の開発・販売を行っています。
今帰仁クワンソウ 今帰仁ざまみファーム
農業生産法人株式会社 今帰仁ざまみファーム
〒905-0404 沖縄県国頭郡今帰仁村字上運天1233-1
TEL 0980-51-5182 FAX 0980-51-5183
TOP
今帰仁クワンソウ 今帰仁ざまみファーム
企業様向けご紹介
商品紹介
お知らせ・イベント情報
お問い合わせ・アクセスマップ
農業生産法人株式会社
今帰仁ざまみファーム
〒905-0404 沖縄県国頭郡今帰仁村字上運天1233-1(MAP
TEL 0980-51-5182
FAX 0980-51-5183
眠り草本舗
淡白な味のクワンソウは「ゴマあえ」などの和え物にぴったりです。梅ドレッシングで和えるだけでも簡単に和風の一品に仕上がります。
オススメは、湯通しした薄切り豚肉に茎のみじん切りをのせ、ゴマだれでいただく「豚しゃぶサラダ」。
クワンソウは肉との相性が抜群。特に中華料理などの濃い味付けの料理にぴったりです。あっさり味のクワンソウが味のバリエーションを広げてくれます。もちろんチヤンプルーにもOK。
いろんな野菜と一緒にかき揚げにするのがオススメ。様々な食感の野菜と合わせてお楽しみください。クワンソウの茎の天ぷらは、こだわりの塩で食べるのが通。食感がクセになる逸品です。 もともとクワンソウは日常的に食べる野菜というより豚肉や牛肉、魚などと一緒に煮込む、薬膳料理の素材として使われていました。
繊維質が強くて食べにくい葉の部分も煮込めば、スープでその成分をいただくことができます。
■沖縄伝統野菜
クワンソウ花畑散策と花摘みツアー
開催時期:9月中旬〜10月下旬
■「書籍」クワンソウ主義
日本睡眠学会評議員 京都大学薬学博士・薬剤師の江口直美氏著作の「快眠・美容 クワンソウ主義」が購入できます。
あなたは夜ぐっすりねむれていますか?
睡眠の問題を解決して、美しく健康的な毎日を
テーマに睡眠のことや、クワンソウの効能・効果をわかりやすく説明されている本です。

●お問い合わせ先
琉球睡眠株式会社
電話:098-862-1266
e-mail:office@ryukyusleep.com
「クワンソウ主義」注文書(PDF:370KB)
■快眠&ビューティートーク
2月5日(火)に県立博物館・美術館にて「快眠&ビューティートーク」が開催されました。
薬学博士の江口直美氏がクワンソウの効用・効果などを説明してもらい、睡眠の大切さをトークしてもらいました。
食べ方については、琉球料理コーディネーターの嘉陽かずみ氏が
お茶やドレッシングなどにしても、おいしいと食べ方を紹介してもらいました。

●関連リンク:http://www.yonnerfood.jp
■おきなわ花と食のフェスティバル2013
おきなわ花と食のフェスティバル2013が来る2月2日(土)〜3日(日)の2日間奥武山運動公園にて開催されました。
弊社では、「やんばるすぐりむん共同売店」内ブースにて、沖縄伝統島野菜「クワンソウ」をPRしながら関連商品を販売致しました。

●関連リンク:http://www.hanashoku.jp
■おきなわ花と食のフェスティバル2013
2月2日(土)におきなわ花と食のフェスティバル2013(奥武山会場)にて県農林漁業賞の表彰式が行われました。
弊社(株)今帰仁ざまみファームは「農山漁村地域活性化」の表彰を受けました。
■クワンソウ茎販売開始しました。
今年も旬の時期が来ました。
クワンソウ茎のおいしい時期がまいりました。
期間限定です。
クワンソウ茎(1月下旬〜5月下旬頃までです。)
シャキシャキ感がくせになりそうなクワンソウをこの時期にお試しください。

今帰仁クワンソウ茎の食べ方 (PDF:165KB)
今帰仁クワンソウ茎食べ方ガイド(PDF:(944KB)
■おきなわ花と食のフェスティバル2013
おきなわ花と食のフェスティバル2013が来る2月2日(土)〜3日(日)の2日間奥武山運動公園にて開催されます。
開催時間は10:00〜18:00
弊社では、「やんばるすぐりむん共同売店」内ブースにて、沖縄伝統島野菜「クワンソウ」をPRしながら関連商品を販売致します。ご来場の際には、お寄りください。

●関連リンク: http://www.hanashoku.jp
▲一番上に戻ります
Copyright 農業生産法人株式会社 今帰仁ざまみファーム 2011. All Rights Reserved.