沖縄県今帰仁村の農業生産法人株式会社今帰仁ざまみファームでは今帰仁クワンソウの栽培・収穫・一次加工・販売、クワンソウ関連商品の開発・販売を行っています。
今帰仁クワンソウ 今帰仁ざまみファーム
農業生産法人株式会社 今帰仁ざまみファーム
〒905-0404 沖縄県国頭郡今帰仁村字上運天1233-1
TEL 0980-51-5182 FAX 0980-51-5183
TOP
今帰仁クワンソウ 今帰仁ざまみファーム
企業様向けご紹介
商品紹介
お知らせ・イベント情報
お問い合わせ・アクセスマップ
農業生産法人株式会社
今帰仁ざまみファーム
〒905-0404 沖縄県国頭郡今帰仁村字上運天1233-1(MAP
TEL 0980-51-5182
FAX 0980-51-5183
眠り草本舗
商号 農業生産法人株式会社 今帰仁ざまみファーム
代表 座間味 久美子
設立 平成19年11月21日
所在地 〒905-0404
沖縄県国頭郡今帰仁村字上運天1233-1(MAP
電話 0980-51-5182
FAX 0980-51-5183
E-mail info@nemurigusa.com
事業内容 農畜産物、水産物の生産、加工、貯蔵、運搬、販売
野菜、花卉、果樹、薬草、薬木の栽培及び販売
農業、漁業、畜産、副産物を利用した肥料の加工、販売
調味料の製造、販売
お土産用物品の製造及び販売
万能スライサー 乾燥機 大型ガス真空包装機乾燥機
クワンソウとは沖縄・八重山諸島では「ニーブイグサ」と呼ばれる野菜のことで、「ニーブイ」は沖縄・八重山諸島の方言で「眠り」を意味する言葉です。
よく食べ、よく働き、よく眠るといわれる沖縄の“おじい”“おばあ”の間では特に親しまれているクワンソウ。沖縄では昔から睡眠導入やリラックスに効果があるといわれ、ゆでてゴマや味噌とあえたり、豚などの肉類と煮たり、葉を乾燥させてお茶にして飲んだりするなど、さまざまな形で沖縄の食生活に取り入れられ、寝つきの悪いときや疲れがたまっているときに食されてきました。
花(橙花菜)
【収穫時期:9〜11月頃】
鮮やかなオレンジ色とほんのり甘い味、シャキシャキした歯ごたえ…と魅力たっぷりの素材です。
花が一日限りということから英語名はDayLilly。生花は貴重です。
【調理例】天ぷら・吸い物・ちらし寿司・サラダ・酢の物・しゃぶしゃぶ
緑蕾(緑蕾菜)
【収穫時期:9〜11月頃】
クワンソウを含むカンゾウ類の蓄は『金針菜』として中華料理ではおなじみの野菜です。生の蓄には毒性があります。必ず熱を加えて食べてください。
【調理例】炒め物・スープなど
【収穫時期:2〜5月頃】
茎の白い部分は甘味があり、シャキシャキした食感が特長です。今帰仁産のクワンソウは白い部分が長くなるように丁寧に育てられています。
【調理例】紋子・ハンバーグ・コロッケなど、炒め物・煮込料理・和え物・鍋物
【収穫時期:12〜6月頃】
葉はとても硬く、野菜としては食べにくいのですが、有効成分が多いので、乾燥させお茶などに加工したり、粉末やエキスにして健康食品の原料とします。
【調理例】お茶
黄蕾(黄蕾菜)
【収穫時期:9〜11月頃】
翌日には開花する黄色い蓄は、あまり野菜として出回っていないため「高級食材」と位置づけられています。生食は避けてください。
【調理例】炒め物・スープなど
同類種では古くから漢方的に利尿効果がうたわれますが、根には有効性と共に毒性も含まれています。熱を通したとしても、多量には摂らないほうがいいでしょう。
▲一番上に戻ります
Copyright 農業生産法人株式会社 今帰仁ざまみファーム 2011. All Rights Reserved.